印鑑証明について

不動産売却をする時には印鑑証明が必要になってきます。不動産査定時には必要にはなりませんので気をつけてください。不動産売却をする際に必要な印鑑証明の枚数は1枚が必要になってきます。不動産売却をおこなう際に所有権移転登記に1通が必要となってくるのです。ただし、不動産売却の時に権利証(登記識別情報)を紛失していると印鑑証明の枚数が増えてきますので気をつけましょう。
印鑑証明は不動産売却をする側ではなく不動産を購入する側の方が多く必要となってきます。不動産売却の際、所有権移転登記(売主→買主)の手続きでは、印鑑証明は必要とされていません。
印鑑証明が必要となってくるのは不動産売却ではなく不動産を購入した際に必要となってくると前記しましたが、それはどのような場合なのでしょうか。
まずは住宅ローンの手続きの時に印鑑証明が必要となります。銀行提出用に2から3通、抵当権設定用に1通が必要となってきます。また気になるのでしたら司法書士や専門家に尋ねましょう。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp