査定価格は、売るための参考価格でしかない

 自分が所有する不動産、住宅、マンション等がどのくらいの金額で売れるものなのか?相場などの資産価値がどのくらいあるものなのか?知っていますか?実際に、売却しようとするまで、気にならない人もいれば、将来、売ってもいいかなぁとか、住み替えをしてみたい。など、その為の見積もりや相談など、温度感は様々です。
 一般的に、不動産査定は無料で実施されています。ですので、気兼ねなく相談することが可能です。大手から中小、街中の地元の不動産屋まで、無料で査定していただけるので、何社に査定してもらっても問題ないですが、後で電話やメールなどで度々、お伺いしたいとか、売りましょうとか、営業が多くやってくることは当たり前なので、注意しましょう。

 ただし、査定の際に一番気を付けておきたいのが、「査定=売れる価格」ではないという点です。
 査定価格はつまり、「売却できる可能性がある目安の価格」と捉えておく必要があります。
査定価格よりも高く売却できる可能性ももちろん存在しますし、逆に査定価格よりも低く売却することもあり得ます。また、査定価格が高いからと言って安心もできません。売れるかどうかは別の話です。あくまで査定という事です。
 つまり、不動産で取引される価格というのは、買い手があって初めて決まるものです。買い手の事情もそれぞれ違ってきます。成約する前に価格を予測することは不可能なのです。
 売り手にとって売却事情や売りたいタイミングが色々あるのと同様に、買い手にも必ず事情があります。タイミングもあり、売却している期間中に、興味を示している事案の数もそうですし、買い手の数もどれくらい存在しているかは、その時々で様々ということになります。
 ですので、査定を依頼した複数の不動産会社から出てきた複数の査定価格に一喜一憂してはなりません。あくまでも売却する際の目安でしかないという事です。現時点での参考資産価値として考えておきましょう。また、査定価格ではなく、それぞれの不動産会社がだしてくる査定の見積もりなどの論拠や、販売手法に着目すべきです。

一戸建て、マンション等の不動産の売却に関する最初のポイントは以下の通りです。
・机上査定でおおよその相場を認識する事
・正しいプロセスに沿った売却活動をしてくれる会社を探すこと

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp