不動産売却で弊害の多い「両手仲介」って何?

 仲介会社の報酬の受け取り方をみてみましょう。受取り方には次の2種類があります。

①買い手、売り手双方の仲介をする「両手仲介」
②買い手、売り手のどちらか一方の仲介をする「片手仲介」

「片手仲介」は、仲介会社が2社入ってくる為に「共同仲介」とも言います。
「両手仲介」の場合は、買い手と売り手の両方の仲介をするので、仲介手数料が両方から入ってきます。
 仲介手数料は、一般的には、成約した価格の3%と6万円が上限となっています。最近は割引する業者も増えてきていますが、大手から中堅どころまでほとんどの不動産会社では、割引をしていません。
 つまり、5000万円のマンションを成約した場合の仲介手数料は、5000万円の3%なので、150万円と6万円の156万円(消費税別)でかかってきます。
 この報酬額を高額とみるのかどうかは別として、中古マンションを売買する場合には、仲介手数料が必要となるという事です。
 「両手仲介」は、売主、買主の両方から156万円をいただける仲介方法ということになります。
 ですが、「片手仲介」は、どちらか、売主か買主からしか仲介手数料を貰うことが出来ません。
 つまりは、両手仲介であれば、312万円、片手仲介であれば156万円が不動産仲介会社に流れるという事になります。
 売主である人からすれば、負担する金額は、片手仲介であろうと、両手仲介であろうと、負担する金額は変わらない。同じ156万円でしょう。と思う事でしょうが、この両手仲介には、大きな弊害が潜んでいます。
 不動産仲介会社が両手仲介を目指すという事は、売り手と利益相反していても、買い手からも手数料が貰えるので、安易な売買を成立させてしまう、つまり、高額になるように努力することなく、成立させてしまうような、売主を損させてしまう契約を結んでしまう事があり得るという事です。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp