想定外の高い不動産査定価格は疑いましょう。

 不動産査定を不動産会社にお願いした際に、高い金額で査定をしてくれた不動産会社に依頼したくなるのは人の常です。しかしながら、実は、疑ってかかった方が良い場合もあります。
 自分の会社と媒介契約を結んでもらいたいがために、根拠のない、売れるかどうかも分からないような査定額を提示してくるなんてこともあります。この査定額を見ると、大体の人が、ここの会社にお願いすれば高い金額で売却してもらえる。ここに任せてみようか?なんて考えになりますよね?
 ですが、基本的に、不動産会社が数値を作る上で参照するデータは、レインズと呼ばれるシステムから参照しており、販売方法に関しては、大手の不動産会社であれば、大体同じです。変わりません。
 「干す」という不動産の業界用語があるのですが、まさにそのケースに該当している可能性があります。媒介契約する際は、この査定額を元に契約していくのですが、実際に、売却を受託した後に、本来であれば、レインズのシステムに不動産の販売情報を登録するのですが、売却を受託した後に、このレインズのシステムに図面を掲載しなかったり、広告を打たないケースがあります。もちろん、それでは売れることはありません。結果どうなるかと言うと、後日、売主の元にやってきて、「値段を下げましょう。」という話になるのです。
 では、こういった事にならないように、後悔しない売却には、どういった方法をとればよいのか?
 結果として、売主が「この値段で売りに出す!」と決めるしかないという事です。いかなる場合でも、不動産会社に判断を一任しないことが重要です。依存してはいけません。
 では、その為にどうしたらよいかですよね。まずは、マーケットを把握することが重要です。インターネットで自分の物件と似ている物件を複数調べて、適正な価格を設定して、しっかり広告がされれば、正当な価格で売れます。売れなかった場合初めて、価格を下げるといった判断をしていきます。
 ほとんどの人が不動産の価格は自分では理解が出来ないと思っているようですが、インターネットを見れば、スグに相場は把握できます。データが不十分に感じるようであれば、査定を依頼している会社に対して、追加の参照データを提供するように依頼してください。もし、提供を拒むような会社には、媒介契約なんてしてはいけません。断りましょう。ある程度、自分で調べた知識で十分なので、その知識で「値段は自分で判断して決める」という腹積もりでいてください。
 「自分で調べたら、このくらいの価格で行けると思うので、この値段で出してくれ」と頼みましょう。もし、不動産会社からそれに対して、不満ないし、お断りが来れば、逆にこちらからお断りしましょう。そんな不動産会社と付き合う必要はありません。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp