SRC造とは?

不動産売却の際などに良く見る、書類に記されているSRC造とは、鉄筋鉄骨コンクリート構造の事を指します。鉄筋コンクリートの中に鉄骨を入れて強度を強化している構造の事です。災害や地震に備えてこのSRC造の建物を選ぶ方が多くなっている傾向があり、不動産売却および不動産査定の業界でも取り扱いが多い物です。
不動産売却や不動産査定を依頼した場合、SRC造の建物と木造やRC造の建物とではやはり査定額に差が出るでしょう。地震の多い地域や子供の居る家庭では住宅の強度は最優先するべき点となります。不動産売却でもそこをしっかりと査定してくれます。
逆に言うと、不動産売却においてSRC造ではない建物の場合の査定額はSRC造に比べると多少下がる場合がありますが、低予算で住宅の購入を考えている人にしてみれば購入したいと思う物件です。そういった方を対象として不動産売却に出せば、SRC造ではない木造やRC造の建物でも買い手は見つけやすいと言えます。この事からもSRC造やそれ以外の建物を売却する際、ニーズに沿った買い手探しをしてくれる不動産売却の専門店に売却する事をお勧めします。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp