建築用語S造とは?

 2013-12-23   不動産 | 査定 | 売却 | S造 | 評価 |
不動産売却等でよくみかけるのですが、どの様な構造をしている建物なのかを分類する為に、RC造、SRC造、S造等が存在します。S造とはSteelのSから付けられた呼び名で、主に鉄骨を使った構造を指します。不動産売却をする場合にもこの建物の構造は重要なポイントとなり、書類等にも必ず表記されています。RC造やSRC造と比べて見ても、軽量だが強度がある事で知られているのがこのS造です。
建物の劣化やその地域の発展状況等も含め、不動産売却にはS造等の建物の構造や築年数、周囲の店舗情報はとても重要です。不動産売却でも気になるのが、木造住宅の場合は火災の心配がありますがS造の様な鉄骨ですと骨組みまで焼け焦げる心配はない事です。また、強度のある鉄骨を使っている為広いフロアでも鉄の支える力が働きますのでS造は木造の様に柱を何本も使わなくて良いデザインの建物も多く存在し、不動産売却時にはそういった点から高い評価を付けて貰える場合もあります。そういったS造の特徴をうまく利用したデザインの建物は、昔ながらの構造の建物よりは人気があり、不動産売却に出した場合でも若い人の買い手もつきやすいのです。
建物の構造は不動産売却を行う上ではまず一番に確認しておきたいポイントとなります。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp