不動産を査定する.jp

不動産コラム

不動産物件の売却を考える際、まず、物件がいくらで売却できるのかお考えになるでしょう。

不動産コラムでは、いろいろな角度から不動産査定についてどうすればいいか

不安や疑問などを解消しつつ、より安心で高く売却出来る方法について教えていきます。

また、不動産に関する日々の悩みとなる問題を解消するようなコラムも連載していきます。

関連コラム

不動産査定前に知っておきたい建物の耐用年数って何? (登録日:2020/10/19)

周南市で不動産売却する前に知っておきたい4つのポイント (登録日:2020/09/21)

不動産査定書の書式は3種類ある (登録日:2020/07/13)

埼玉県加須市で不動産査定・売却をする前に知っておきたい4つのポイント (登録日:2019/08/19)

新築・中古マンション、注文住宅が消費税10%になる前に購入したい (登録日:2018/12/24)

住宅ローンが残っていても住み替え買替可能! (登録日:2018/11/12)

住宅ローンが残っている場合の売却方法 (登録日:2018/10/01)

値引きしたら本当に購入してくれるの? (登録日:2018/09/10)

住み替えの為の不動産売却で住宅ローン控除が受けられないケースとは? (登録日:2017/12/11)

連帯保証人の許可は必要?住宅ローンが残っている任意売却 (登録日:2017/05/22)

住み替えの際の不動産売却の為のつなぎローンや融資とは? (登録日:2017/05/08)

戸建住宅やマンションの査定方法よりも販売方法に注目しよう (登録日:2016/12/19)

不動産を売却した後に戻ってくるお金(保険料、銀行保証料) (登録日:2016/07/18)

改正宅地建物取引業法で住宅診断が不動産販売のフローに (登録日:2016/06/20)

マンションの売買が決っても、まだ、安心できません! (登録日:2015/09/06)

店舗併用住宅を売却した場合の3,000万円控除 (登録日:2014/12/06)

住宅購入資金なら親の年齢制限がなく、非課税枠は3,500万円になる (登録日:2014/11/09)

住宅ローン控除を受ける為には確定申告が必要 (登録日:2014/11/05)

住宅部分が2/1未満の場合は区分登記を検討しよう (登録日:2014/11/04)

夫婦で住宅ローンを組む場合はここに注意する (登録日:2014/11/03)

繰り上げ返済や借り換えをすると、住宅ローン控除はどうなる? (登録日:2014/11/02)

不動産の名義や土地の先行取得と住宅ローンの適用 (登録日:2014/11/01)

住宅ローン控除を受ける場合の床面積や取得代金のポイント (登録日:2014/10/31)

住宅ローン控除の適用要件と選択する時のポイント (登録日:2014/10/30)

住宅ローン控除にも選択制度ができた (登録日:2014/10/29)

建物の購入には消費税がかかってくる (登録日:2014/10/26)

住宅の敷地も税金面で優遇されている (登録日:2014/10/25)

標準的な住宅にはこんな優遇措置がある (登録日:2014/10/24)

住宅の価値について (登録日:2014/03/26)

改良地区 (登録日:2014/02/09)

改良宅地 (登録日:2014/02/08)

不動産売却時に必要になる印紙税について (登録日:2014/01/28)

狭小住宅の売却 (登録日:2013/12/18)

2世帯住宅の査定額 (登録日:2013/12/08)


Copyright 2013-2021 不動産を査定する.jp